2010年06月01日

<民主党>党内から鳩山首相に早期退陣を求める声強まる (毎日新聞)

 民主党内で31日、米軍普天間飛行場移設問題での迷走や社民党の連立離脱を踏まえ、鳩山由紀夫首相の早期退陣を求める声が強まった。民主党の小沢一郎幹事長と輿石東参院議員会長は同日夕、国会内で急きょ首相と会談し、事態打開に向け協議した。小沢氏は同日夜の正副幹事長会議で、「あらゆる状況が厳しい。社民党が離脱し、非常に厳しい状況だ」と明言。政府・民主党内で緊張感が高まっている。

 3者会談は約8分間にとどまった。首相は会談後、首相官邸で記者団に対し「厳しい局面だが、国家国民のために、3人で力を合わせて頑張ろうと打ち合わせた」と述べ、続投に重ねて意欲を表明。「首相続投を確認したのか」との質問に対し、「当然だ」と答え、早期退陣を求める民主党内の動きにクギを刺した。

 首相は「私自身のことで迷惑をかけていることは理解しているが、国民のために働かせていただきたい。初心に戻る思いで頑張るしかない」と強調。一方、9月の民主党代表選の出馬について「そこまで考えている余裕はない」と述べるにとどめ、長期的な政権運営が描けないもどかしさをにじませた。

 退陣論の火消しを急ぐ首相に対し、民主党の役員会は今後の対応を小沢、輿石両氏に一任することを申し合わせた。小沢氏は役員会で「首相から呼ばれて、話し合おうということだったが、今日は時間がないので、一両日中にきちんとした話をする」と指摘。首相の認識と異なり、続投を容認したわけではないとの見方を示した。

 また、小沢氏に近い民主党の高嶋良充参院幹事長は31日、国会内で記者団に対し、「非常に深刻な事態に陥っている。事態打開を参院側から要請したい。どのような形で対応されるかは首相の決断にかかっている」と首相の自発的辞任を公然と求めた。

 一方、社民党は野党側が提出予定の内閣不信任決議案や首相問責決議案の対応について、改めて協議する。同党の又市征治副党首は31日夜、「民主党との選挙協力の前提は鳩山退陣しか道はない」と言明。首相続投なら民主党は大敗するとの見通しを示した上で、「小沢氏が何も策を打たないということはないだろう」と早期決着に期待感を示した。【坂口裕彦、念佛明奈】

【関連ニュース】
口蹄疫:鳩山首相 6月1日に宮崎訪問 東国原知事と会談
鳩山首相:続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」
社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」
鳩山首相:中国の温首相と会談 「ガス田」早期交渉で一致
毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%

<陸自>ミサイル誤発射、原因は隊員のミス 群馬・高崎(毎日新聞)
国交省、国道など移管に前向き=出先機関改革で公開討議―地域主権会議(時事通信)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>ハンセン病施設など訪問し帰京(毎日新聞)
15歳の娘が供述「私も金を使った」 千葉・八街の殺人放火事件で父娘を送検(産経新聞)
posted by セキハラ マサノリ at 13:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。